<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

筋肉の話から・・・

 雨も降ってない。

 仕事も2週間ぶりに休み。

 自転車のパンクも直した。

 うーむ。ジムに行かない理由が見つからない。
 
 

 午前中から行きましたわ。

 なんとなく出てみた「骨盤ビューティー」という
                   スタジオプログラム。

 この先生、とにかくよく喋る。

 しかも、かなりの早口で、集中していないと付いていけない。

 最初の20分近く、ずーっと
 骨盤のゆがみや筋肉について話していた。

 そもそも筋肉が付いている方が免疫力が高まって
                     病気になりにくいとか、
 骨盤のゆがむことで筋肉がバランス悪く付いてしまうと
      内臓を圧迫したり、スタイルが悪くなったりするとか・・・

 フムフム、全く無知な私にとって
            非常に勉強になりました。 
 
 少し早口の方が、聞く側は「聞き逃すまい」と
     集中して聞き入るということまで 
       勉強になった。(どこかで使おっ!)
 
 そういえば、大切な話をするときは
 わざと“噛む”
ということをこの前聞いたっけ。
       ・・・「ん?!」と注意を惹くらしい。

 ストレッチなのに、すっかりアタマもカラダも
               疲れてしまったものの
 せっかく来たのだからと、 

 ジムで足をグイっと伸ばすマシンをちょこっとやって

 得意のエアロバイクをしながら
 「王様のブランチ」を見て、雑誌を読んで、

 ダンスプログラムで踊って、

 岩盤浴をした。

 ジムを後に、帰ろうと思いきや、
 このシーズン、バーゲンにも顔を出さないといけないと
 デパートにも寄って、

 夕食用の買い物もして、

 せっせと自転車で帰って来た。

 ジムでのエアロバイクは、
 軽~い負荷で、ゆっく~り漕いでいるのに
 ジムの荷物やら戦利品の洋服やら野菜やら肉やらで
 帰り道は 負荷MAXだった。ふぅっっ。
f0071647_16353727.jpg

   大満足の休日を
      もっと充実させちゃうために、
          宮城のお土産を一杯。シュワ~っ。

 明日も行くとも!

   仕事も。
 
     バーゲンも。

          ジムも。

            以上、優先順位の順番。
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-27 16:39 | きょうのコミュニケーション

 ブログ更新、滞りがちで・・・

 「滞りがち・・・」

 このコトバ、道路交通情報センターにいた頃、
                  よく使っていたなぁ。

 なぜ更新が滞りがちなのか?!

 毎日いろんな人たちと
  コミュニケーションしちゃっているのです。

 この前は、大学のサークル仲間で3年ぶりに集まった。
 仕事が終わって駆け付けたら、
 最初に言われたことは

 「変わってない」

 「あ、今2重アゴになってた」

 「・・・・・・。」
 
 こんな遠慮ない会話も、変わってない。

 

 こんな楽しい日々、だけど
  なるべくカラダをいたわろうと、小物が増えるこの頃。

 コレ。有楽町のイトシアで発見。
f0071647_1543241.jpg

 そう。アタマに被ります。
 234本の程よい硬さの針がアタマを刺激してくれます。

 刺激中の顔は人に見せない方がいい、はず。

 感想は・・・「んぐふっ」という感じ。

 
 クセになっているのがコレ。ナチュラルローソンで。
f0071647_15454788.jpg

 チェッカーズならよく知っていたけれど
           
              「チェッカス」。

 20秒間ブクブクっとうがいをすると、
       歯垢がカスになって取れるというもの。
 
 感想は・・・「¥(◎日◎)¥」という感じ。 一度お試しを・・・。

 もう止められなくなってしまった。


 口内環境も肝臓状況も整えて、今夜は焼肉へ。

 どんなコミュニケーションが広がるのかなっ?!


 
 
 
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-25 15:51 | Good choice!!

同期集合!

 以前、会社勤めをしていた頃の同期Hくんが
 赤坂本社→横浜→北海道→名古屋→赤坂本社へと
 転勤から戻ってきたということで、10年ぶりくらいに会った。

 今じゃ、その会社に働いているのはHくんだけで
                    みんな転職している。

 何年ぶりだろうが、生活環境がバラバラだろうが
 同時に社会へ踏み出したときの仲間というのは
 どうやら大きな結びつきがあるみたい。

 昨日も会っていたかのような安心感があって、
                あまりにも自然な再会。
 笑いが溢れる時間はあっという間で、
 気付いたら深夜になっていたわけだけど
 それぞれの方向へ帰って行きながら
 メールで名残惜しむように連絡をし合った。
 (普段メールなんてしない無精モンばかりなのに!)

 「同期っていーもんだな。」

 普段そんなこと言わないMくんまで。

 ホントだね。      
 
f0071647_21253448.jpg

  翌日、そんなことを考えながら、
  ちょっと飲み過ぎて(?!)重くなったカラダを絞ろうと
               皇居の周りを歩いて仕事へ向かった。      
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-20 23:15 | きょうのコミュニケーション

言っちゃった

 勢いのまま入っちゃったスポーツジム。

 トレーニングプログラムの説明をしてくれると言っていたっけ。

 と、ふと思い出し、移動中の電車の乗り換え時に予約の電話をした。

 ところが、通話中に電車が来てしまい、

 ジム 「いくつか説明のコースがございますが、
                どのコースになさいますか?」

  よ  「 (コースを聞いている時間はないっ)

       えっと・・・あの、


           カラダを作りたいんです!!」


 ジム 「かしこまりました!」


 うそー?!
     「基本的にはスタジオプログラムのダンスをするつもりで
         その合間などの時間を利用して、
             たるんだお肉を引き締めたいと思っている」

 って言いたかったのに、それをまとめて出たコトバが
 
              「カラダを作りたい」

 省き過ぎ。というより、意味違うし。
       なんとなくどこかで聞きかじったコトバをつい言ってしまった。    

 その後、ジムで

     「ビギナーというより、
         どんどんカラダを作る方向で参りましょう!!」

 と言われたのは想像の通りで・・・


 何度、言い直しても
     「大丈夫ですよっ!!」 と言われ、

 最初に発した言葉のイメージというのは
    簡単に払拭されるものではないと、痛感したのでした。
 
          この際、がんばってみるべきかもしれない。
f0071647_126125.jpg

          プルプルさせながらちょっとばかりトレーニングを始めた。
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-15 12:06 | きょうのコミュニケーション

Living Together

 TOKYO FMの恒例になっているイベント。
  『ポエトリーリーディング Think About AIDS』
    ~HIVに感染している人も、まだしていない人も、
           私達はもう、みんな一緒に生きている~

 「Living Together」をテーマに
 HIVに感染する人を減らすことはもちろん、
 すでにHIVと共に生きている人にとっての環境を
 感染している人といない人が一緒に考えるというイベント。
f0071647_1940428.jpg

 HIV陽性者とその家族・恋人たちが綴った手紙を
 アナウンサーやパーソナリティー、歌手や漫画家など
                     さまざまな方が読んだり、
 GOING UNDER GROUND の松本素生さんや
           エリオット・ヤミンさんのライブがあったり、、、

 MCの堀内貴之さんが言っていた。
  「自分はとにかく純粋に
     Living Togetherというコトバが大好きだ」
と。

 彼は朗読をして、その後、ご自身の育った環境
                      についても話した。
 彼自身いろいろな人と一緒に生きてきたと。

 ラジオの企画をしたりパーソナリティーである堀内さん、

  「こうして人前で何かするタイプではない」と言っていて、

  「確かに、、、」(←ゴメンナサイ!)と思ったけれど、
    そんな堀内さんから、大きなメッセージが伝わってきた。

 HIV陽性者であれ、何かの依存症であれ、
 その他も、いわゆる“一般”とか“普通”とかいう
 なんともアバウトな基準と照らし合わせて、
 それと違う人を差別したり、拒絶したりする現実。

 それがどれほど馬鹿げていて、無意味で・・・
   というより、無知で恥ずかしいことなのかを感じた。

 当たり前って思うかもしれないし、
   難しいと思うかもしれないけれど
    ひとつ言えることは「もう、私たちはみんな一緒に生きている」。

 自問自答しながら、今日からもっともっと意識したい。
                       Living Togetherを (^-^)。
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-14 19:40 | コトバの贈り物

Chikago

  TOKYO FM(金)18:25~の『LIVE IN TOKYO』
      先週まではa-nationのご紹介をしておりました!


 今回、「SATURDAY IN THE PARK」に乗せて
   ご紹介したのは、そう!
    今年でデビュー40周年を迎えた、
      米国のベテラン・バンド Chicago

 いつ聞いても、何回聞いても「いーなぁ」と思いつつご案内しました。

 ファン待望の単独来日公演がついに行われます! 
 単独としては約6年ぶりの来日なんですよ~♪

 来日公演の特設webサイトもオープンしていて、
 そこでは、デビュー40周年特別企画
  『あなたが聴きたい!シカゴの名曲人気投票』が行われています。

 ぜひ、アクセス&投票してみて下さいませ。

 「CHICAGO JAPAN TOUR 2009」
  9月19日(土),20日(日)
      東京国際フォーラム ホールA 

 チケットは、6月21日発売!
   詳しくはキョードー東京 03-3498-9999までどうぞっ。

 貫禄あるステージに魅せられ、
       あの名曲の数々をライブで聴けるチャンスですよ!


 
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-13 20:02 | TOKYO FM LiveinTokyo

陽まわり

 夏の準備。

 ちゃくちゃくとワクワクと進めている。

 ひまわりを買った。
f0071647_16213570.jpg

 英語ではsunflower。太陽の子、陽子にとっては大好きな大切な花。
 「陽まわり」としたいくらい。

 ひまわりは太陽の方向へと常に向くといわれているけれど、
 ちらっと調べただけでも、

 「実際にはあまり動かない」とか「俗説」とかいう情報がずらり。

 Wikipadiaにも
  「太陽を追って動くのは生長が盛んな若い時期だけ」とある。
   花が開く頃には生長が止まるため動かなくなるらしい。

 でも、うちのひまわりは太陽を見ているような気がするぞ。

 梅雨時の貴重な太陽に向かって、咲いている。

 10年くらい前の夏に、宮城の三本木?!とい場所に
         ひまわり畑を見に行ったことを思い出した。 

 あの時、大輪のひまわりに大感動した私たちと違って、
 Cちゃんは「多過ぎて気持ち悪い」と言っていたのを思い出した。
                           ふふっ。Cちゃんらしい。

                     夏の準備、してますか(^^)?!

 
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-11 16:23 | 日記

60歳

ふと時間が合うと遊びに来ては
 会わない間にあったこと、
   感じたことをお互いに報告(?!)し合う友人。
f0071647_2115934.jpg

 美味しいケーキをいただきながら(ごちそうさま♪)
                  話は尽きない。

 専門職に就き、仕事も忙しいのに
 朝起きて走りに行って、
    仕事が終わってからは
       仲間とスカッシュをしたり習いに行ったり、、、

 24時間、フル稼働している彼女と話した結果、
 今回の結論?!は

    「かっこいい60歳になりたい」ということ。

 彼女のスカッシュ仲間の60歳の女性・・・
 若いうちに出産し、早くに子供が独立した60歳は
 美しい筋肉を持ち、表情もステキで、
 外見も内面もきれいでかっこいいらしい。

 「かっこいい40歳になりたい」と思っていたけれど、
      そっか、もっと先まで見据えていこうではないか!

 60歳の自分を楽しみに
          歳を重ねるのもいいかもしれない。

           ・・・・まずは、明日こそ、ジムにいこっと。
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-08 21:15 | きょうのコミュニケーション

いざ

f0071647_21195396.jpg

 この階段を上がったところにあるのはスポーツクラブ。
            入会した。・・・10年ぶりに。

 いろんなトコロのお肉が
   垂れちゃってるであろう運動不足の自分へ
             ちょっとした負荷をかけるため。

 エアロバイクを、レベル2というゆる~いレベルで
        ゆっくりと漕ぎながら、雑誌を読んでいたら
 あるダンサーの話が載っていた。

 数年前NYへとバッグ1つで渡り、
          オーディションの日々が続いたという。
 辛い日々を過ごし、今年はマドンナのツアーダンサーにも
 選ばれた方なのだけど、そんな彼は

 「オーディションが受かったことはもちろんうれしいけれど、
 オーディションでいろいろな発見やひらめきを得たことが
                          何よりもうれしい」
と。

 分野は違えど、オーディションで落ちた経験、数知れず。
  落ち込んだり、
   いやいや縁がなかっただけ!と
    切り替えるフリをしたりするのだけれど(←ワタシの場合)
 結果ばかり気にするのではなく、
         その段階で得られたことは
             実は大きいもの・・・なのです、はい。

 さ、次回はどの雑誌を読もうかな♪
                 
             ん?
                  ジムで、ですけど、、、。
[PR]
by malulani-aloha | 2009-06-03 22:19 | コトバの贈り物